モコとあんずの物語
お盆休みに、東京の次女夫婦が愛犬あんずを連れて帰省してきました。

初日は、あんずがモコに怯えてキャン鳴きしていました。物陰に隠れて逃げ回っていました。

でも、モコは深追いせずに一度も鳴いたり吠えたりすることもありません。
お母さんのように見守るんです。

そして、少しずつあんずも慣れてきてモコが居ても自由に家の中を駆け回るようになり、フードも食べ水も飲み、チィーもウンチも出来るようになりました。

今日は3日目。
午前中、あんずを連れて私以外の家族が買い物に出掛けると、残されたモコが悲しげにアゥーッと悲しげな鳴き声で鳴くんです。そして、家の中を探し回り玄関のあがりかまちに伏せって「あの子はどこに行ったの?連れて行かれてしまったの?」て感じでションボリしてしまったのです。

もう、それはそれは可哀想でした。
そして、みんなが帰ってきたら、またお母さん犬になります。
いつもはガムとかを守って、私が近づくだけでガゥーッて威嚇するのに、あんずが近づいても、大人しく見守ってます。
b0211924_2223399.jpg

お互い、相手のフードには口を出さないし、もちろんバトルもありません。
ほんと、モコの大人っぷりに感動しました。
b0211924_2225680.jpg

まだ1才前の小さなあんずに、母性愛を感じたのでしょうね。

犬ってスゴイですね。

最近デジカメを買って、頑張って撮影したのですが、スマホに転送保存が出来なくて、いい写真がアップ出来ないのが残念です。
[PR]
by harutin52 | 2013-08-13 21:41 | わんこ | Comments(0)
<< あこがれの宝泉堂 ほんとに心配 >>