<   2013年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
花より桜餅
土曜日、友人からお花見&ランチのお誘いがあったのですが、仕事とモコのトリミングの予約があったので、泣く泣くお断りしました。

でも、お天気は良くてラジオを聞いても「お花見日和ですよー!」の連発。
そこで、モコを美容室に預けた返りに桜餅を買って帰りました。

以前に、イチゴ大福を買った八木の「森彦」です。
せっかくなので、お薄を点てて。
b0211924_1554093.jpg

ピンクはつぶ餡、白はこし餡。
そして、もうひとつ
b0211924_1583174.jpg

どら焼のようなもので、つぶ餡がたっぷり入ってます。

こちらの桜餅は道明寺粉は粒々がしつかり立っていて、餡もあっさりした甘さで、桜の葉が大きいです。桜の塩漬けも乗っかっていてカワイイ!!

桜餅4個と一陽来福2個買って、772円。
京都の有名老舗菓子店より安くて美味しい。

夜、モコがトリミングから戻ってきました。今回のバンダナは桜の花です。
b0211924_15155254.jpg

いつもなら、すぐに外してしまうのに、まだ今もとらずに巻いたままです。
気に入ったのかな?
[PR]
by harutin52 | 2013-03-31 14:57 | Comments(2)
カラスミ炒飯
この前失敗したカラスミパスタのリベンジは、炒飯で。
先週の「世界不思議発見」で台湾のグルメが取り上げられていた中にカラスミを入れた炒飯が出ていて美味しそうだったので、残っていたカラスミで今日の昼御飯にしました。
b0211924_2102840.jpg

カラスミは、薄皮を剥いて細かく刻んでおきます。
ごま油を温めた中に溶き卵を入れてかき混ぜ、温めたご飯、ウェイパーを入れてパラパラになるように炒め、チャーシューの刻んだものと刻んでおいたカラスミ、ざっくり切ったレタスを入れて軽く炒めて、塩コショウで味を調節して出来上がり。
食べると、時々カラスミの味がして美味しかったです。
パスタよりも合うかもね。
[PR]
by harutin52 | 2013-03-28 20:55 | 手作り | Comments(0)
今年度最後のお稽古
昨日は、今年度最後のお稽古ということ可能ならば着物を着てこようと前回の時に言ってました。
私も前月作った袋帯を締める事にしました。でも、自信が無かったので今回も枠付きの帯枕を使いました。
何とか1時間で着れました。
b0211924_21184667.jpg

お稽古は、最後ということで濃茶付きの平花月。最初に濃茶を頂いて、その後は薄茶で札で決めた役をこなしていきます。
立ったり座ったりも大変ですが、着物で居ざるのが一番悲惨になります。
下前と上前が広がって無様な姿に。
つま立ちして立ち上がると後の裾を踏んだり。
お稽古が終わって車を運転して帰宅すると、下前が大分下がっていました。

でも頑張って手結びの練習をしました。
b0211924_21335576.jpg


帯枕を着けた後で帯揚げを掛けようとしたのですが、どうしても掛けられず断念。先に掛けていたほうがよかったみたいですね。
[PR]
by harutin52 | 2013-03-27 21:14 | お茶の事 | Comments(4)
初めてかも?京都御苑
前記事の続きです。
府庁旧本館を後にして、お腹のすいた私達はお昼ご飯の場所探し。
旦那さんが、以前行ったことがあるお食事処がお休みだったので、その近くの店内が賑わっていた所にしました。
店名は、「九里九馬」。
古い町屋を改装したお店で、2階もあります。1階はテーブル席、桟敷席があり、奥には半畳ほどの坪庭も…。
b0211924_7462326.jpg

私が頼んだのは、カツ丼+冷たいうどんセット。
b0211924_7473635.jpg

これが、なかなか美味しかったんです。
カツ丼の豚肉があっさりしていて柔らかく食べやすいし、お味も私好み。
これで千円。旦那さんはにぎり寿司+ざるそばのセット。にぎり寿司もちゃんと握った物で美味しかったそうです。

お腹も満たされて、そこから少し歩くと、「護王神社」。
足腰の神様なので、お詣りしました。
b0211924_7522986.jpg

新芽を出した木々がキラキラしてます。

またまた歩きます。
その日の「八重の桜」が蛤御門の変だったので、私達も蛤御門から入場。
b0211924_755311.jpg

戦いの時の鉄砲玉の跡です。
b0211924_756048.jpg

外側にも内側にも付いていました。
中に入ると鮮やかな赤や白の花が目に入りました。
b0211924_7572538.jpg

桃林です。今が見頃です。
もう少し先には梅林があり、満開は過ぎてますがまだ花はたくさんあります。
そして、桜も。
b0211924_813861.jpg

中からパチリ。
b0211924_82749.jpg

こんもりと樹形もよくて見事です。
他にも巨木の松や椿や雪柳やレンギョウなどなど。
御苑は春がいいなぁって旦那さんも言ってました。

そして、まだまだ歩きます。
堺町御門から出て柳馬場通りから御池通りに出てカフェで休憩して四条まで行き、フジイタイマルのカンペールで私の靴の修理を頼み、本日の散歩は終了。
二条駅まで地下鉄に乗って、駅前に停めた車に乗って帰宅しました。

もちろん、夜は「八重の桜」を観て、さっき行った場所が話の舞台なので、感慨深く見ることができました。
明治維新からまだ145年しか経っていないんですよね。
この急激な世界や生活や意識の変わり様が恐ろしく思えました。
だって明治維新から145年前ってまだ江戸時代ですもんね。

しかしまぁよく歩きました。
これからも楽しい町歩きしようっと。
[PR]
by harutin52 | 2013-03-25 07:38 | お出かけ | Comments(4)
八重さーん
今日は、穏やかな春日和でした。
久しぶりに、旦那さんと二人で京都へ散歩へ。
目的地は、京都府庁旧本館。
b0211924_010087.jpg

明治37年(1904)竣工で、国の重要文化財に指定されています。
そこで、観桜祭が催されており、今年の大河ドラマの「八重の桜」の巡回展もやっています。

中庭の枝下桜…円山公園の祇園しだれ桜の種から育てたもの。
b0211924_019682.jpg

横には、大河ドラマにも出ている松平容保の名の山桜。まだ咲いてませんでした。
b0211924_023144.jpg


到着するや、ボランティアガイドさんの説明があって、そのままずっとお話を聞きながら見学しました。
こちらは、物置部屋ではなくて元議会室。これから修復工事をしていく予定。
b0211924_0295324.jpg

天井は格天井。
b0211924_030343.jpg

和洋折衷で、宮大工さんが施工したんだとか。
柱が30センチ角ほどのレンガ造りだということです。レンガの柱がこんなに丈夫なことに驚きました。

窓越しの桜も、いい感じ。
b0211924_0345196.jpg

八重さんの話も、面白い。
八重さんって、新島襄とは再婚で襄より11才も年上だし、結婚したのは44才の時。それから襄が亡くなったのが14年後くらいで、未亡人になってすぐにも日赤に入社して看護の仕事に奉仕したのです。
茶道も入門するや4年ほどで名を受けるほどの入れ込み様。
八重さんの生き方は、パワフルそのもの。
切り替えの潔さと、これだ!と決めたらとことんやりきる強さと根性。
少し見習わないとなぁ。

この後は、お昼ご飯。
そして、京都御苑へ。

〈追記〉
ごめんなさい。
私、八重さんの結婚年齢など間違っておりました。襄さんと結婚されたのは31才で襄さんのほうが2つ年上でありました。
元号と西暦がややこしくなって計算間違いしてました。
八重さん、誠に申し訳ございません。
[PR]
by harutin52 | 2013-03-25 00:05 | お出かけ | Comments(0)
お彼岸参り(3日目)
岡山の実家3日目は、朝から母を連れて牛窓まで墓参りです。
実家の墓は、かつては日本のエーゲ海といわれたリゾート地にあるのですが、今はかなり荒んだ感じです。
墓地は、海岸沿いの道からググッと山の上に上がったところで、地道だし水道設備もないので、家から特大ペットボトル2本に水を入れて母の手押しカートで運びます。もう足元も危ない母なので、ほぼ私が運び、お墓の掃除も少ない水で効率よくしないといけません。
小一時間かかって掃除もおわり、シキビと小菊をご先祖さんたちの古いお墓と父や祖父母のお墓に供えます。
なんとか、今春のお彼岸参りも出来ました。

このお墓も、兄の後は世話がする人はいません。母も、「墓があると大変じゃあ。ないほうがええ。」と、ぼやきます。そのくせ一度もほったらかした事もありません。

私達夫婦もいい年になりました。
帰宅して旦那さんと、自分たちのお墓のことなど少し話し合いました。
残された子供らに負担になりすぎず、お参りも出来るような形にしたいなぁなんて思いました。

これは、後輩がくれたプレゼントです。
広島らしいもの色々。
b0211924_22233316.jpg

「菜めし」は、全国どこでもあるんだけどね。敢えてそれをチョイスするところがオモシロイのですよ、彼女は。

次は、お盆かぁ。
夏は薮蚊と蜂が恐ろしい。
[PR]
by harutin52 | 2013-03-21 22:06 | お出かけ | Comments(0)
お彼岸参り(2日目)
2日目、昼前に入院中の兄のお見舞いへ行き、お見舞というより12月で60才になったので還暦祝いにしました。
日頃、なんだかんだ言っても母の側にいてもらっていることで、私も安心させてもらっている気持ちです。
まだ後2週間は入院生活です。
退屈だろうなぁ~。

夕方からは、福山へ行きました。
大学時代の後輩と28年ぶりに会うことになったんです。
この日は、朝から嵐のような雨と風だったんですが、私は最強の晴れ女。
福山に着くころは、雲の間から青空も見えてきてました。
少し早く着いたので、人気の鞆の浦へ行ってみました。
b0211924_2103637.jpg

b0211924_2105863.jpg

漁港には、やはり猫がいっぱい。
b0211924_2135533.jpg


山の斜面には、「杏まつり」ののぼりがたっていて、白やピンクの花が見えました。気になり、車で斜面の農道を登っていくと、まだ満開には少し早いみたいだけどたくさんの杏の木がありました。
b0211924_2145338.jpg

b0211924_215175.jpg


そして福山駅で後輩と出会い、近くの居酒屋へ。
注文は、後輩のアドバイスで
岩国レンコンの天ぷら
これは、福山のねぶとの唐揚げ
b0211924_2192465.jpg

パリっとして止まらない味。
次は、郷土料理のうずみ
b0211924_21104376.jpg

昔、お殿様から質素な生活を強いられていたなか、ご飯で贅沢な食材を埋めて騙して食べたんだそうです。
これは、蒸した鯛が埋められていてご飯はうまだしで炊かれたものでした。そこに刻みのりと大葉を刻んだものを乗せてお出汁をかけであります。
鯛茶漬けのような感じでね。

福山といえば鯛なのかな?
鯛のアラ炊き
b0211924_21164198.jpg

家庭で作るものより濃い味で照りがありますね。二人とも魚食いで猫跨ぎ状態にしてしまいます。

車だったので、ノンアルコールビールだったのが残念だったなー。
次は電車にしよう。

その後、並びにあるタリーズコーヒーのケーキセットで〆。
店を出て、「店の男の子、かっこよかったねー。ジィーと見てしもたわ」と、彼女。「いやー、私もおんなじこと思ってたわー。あんな美男が福山におったんやね」と私。この年になると若い美男子が大好きになります(笑)

最後は、近くにいたカップルに私たちのツーショット写真を撮ってもらって、グッバイとなりました。
また、再会を誓って…。
[PR]
by harutin52 | 2013-03-20 20:47 | お出かけ | Comments(4)
お彼岸参り(一日目)
17日から昨日まで実家の岡山と、広島の福山へ行ってました。
モコのお守りを旦那さんに頼んで、1人で愛車ハイゼットカーゴに乗って行きました。

午前中は、近所の溝掃除と防災訓練があったので、軽くお昼ご飯を済ませてから出発しました。
久々のロングドライブですが、運転は上手いほうだと思います。
4時過ぎには実家について、夕食の買い物をして母と私の二人分の晩御飯です。
母は、元々面倒臭がり屋なので、私がチンゲン菜の炒め物と茄子のお味噌汁を作って買ってきた鰤の照り焼きを食べました。

実家には、兄もいるんですが胃にガンがあって、今回も3回目の手術で入院中です。早期なので、内視鏡での手術ですので、そんなに深刻ではないようです。
でも、普段二人暮らしの母も1人でご飯食べるのは味気ないのではないかなぁと思いました。

母娘で、あーだこーだと昔話や母の大好きな韓国の時代劇ドラマの話など、たくさんたくさん話しました。

実家近くのスーパーで、シャコを買いました。季節ではないので、冷凍したのを解凍してあるものですが、久しぶりに食べて美味しかったです。
背中に赤い子を持った時期のシャコを食べたいなぁと思いました。
b0211924_13153095.jpg

[PR]
by harutin52 | 2013-03-20 12:56 | お出かけ | Comments(0)
こんなんじゃないなぁ~
お気に入りブロガーの蔦屋よしこさんが、なんちゃってカラスミのパスタを作っていたのを見て、「あるある、うちには本物のカラスミが…」そろそろ、食べてみようかな?
b0211924_19341468.jpg

去年の夏に、長女が台湾土産に買ってきてくれてもの。
「生で食べたらあかんらしい」
て、あやふやな説明だったので、怖くて今まで安置していました。
でも、カラスミパスタは食べてみたい。
ネットでレシピを見ながら、ニンニクと鷹の爪と白ネギを細切りにしてオリーブオイルで炒めて、薄皮を剥いたカラスミをオーブントースターで加熱してから細かくして(熱くて下ろしきれなかった)茹でたパスタと一緒にからめました。
b0211924_19405056.jpg

感想…あまり美味しくない。トースターで加熱したためパサパサしてしまってる。
本物を食べたことがないので正解が解らないけど、絶対こんなんじゃないやろうな。

まだたくさん残ったカラスミ、どうして食べたら美味しいんだろう?
[PR]
by harutin52 | 2013-03-14 19:30 | 手作り | Comments(4)
暴れる春
今日の午前中は雲が多いものの雨もなく風も普通でした。
しかし、予報どうり午後からだんだん雨も降り、風も時々台風みたいに強くなって、洗濯物を吊るした物干し竿がバターンと落ちてしまいました。
ピンチのいっぱいついたプラスチック製のハンガーも折れていました。

こんな日は買い物にもいかず、家にあるものを食べます。
昼御飯は、昨晩の残り物。
かぼちゃの煮物、自家製千枚漬け、豆腐と薄揚げの味噌汁、菜の花のカラシ合え、干し椎茸の甘煮。
b0211924_2151640.jpg

晩御飯は、キャベツの千切りをバターで炒めて卵とピザ用チーズでオムレツ風にしたもの。
b0211924_2174077.jpg

今日も1人ご飯なので、こんな感じです。せめて、器がもっと良いもんだったらいいなぁ。
頻繁に使う器ほどショボい物なので、そこから変えていきたいです。
[PR]
by harutin52 | 2013-03-13 20:55 | 手作り | Comments(2)