<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
蛙もトカゲも…
今日は夕方まで雨ですね。
昨日は、その前兆で生温い空気がモワァーとしていました。

仕事をしていたら、汗が出てきます。
朝は、肌寒いので、下着はまだヒートテック系のものを着て、裏起毛のシャカパンを穿いてますからね。

家のガーデンにも、ポツポツ春の花が出てきています。

クリスマスローズも次々と蕾も付けて、うつ向きがちに咲いてます。
b0211924_12534177.jpg


たくさん葉は出るのに咲くのは一つだけの水仙。
b0211924_1241315.jpg


あまりの可愛らしさに思わず買ったラナンキュラス。
b0211924_12551447.jpg


最初の花は、咲ききったので摘んでしまいました。
雨が上がったら、植え替えしようと思います。

種が飛んで増えたムスカリもニョッキニョッキと。
b0211924_1244351.jpg


その繋がりでか、この日の夕飯は、ニョッキのトマトソースと鶏のバルサミコ焼きでした。
b0211924_124528.jpg


土いじりをしていると、蛙、トカゲ、カメムシなどがぞろぞろと目覚めてきました。
今朝、ツバメがお向かいの車庫に出入りするのも見ましたよ。

いよいよ、私の仕事もしんどくなるなぁー。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-30 12:33 | ガーデン | Comments(2)
青葉山登山
23日は、晴天!
舞鶴へお墓参りに行き、その後若狭富士といわれる青葉山に挑戦しました。

旦那さんが、小学生の頃登ったから大した事ないよって言ったので、思いっきり舐めてました。

車で青葉山青少年旅行村まで行き、そこから300メートル道路を上がった所に登山口があります。
b0211924_22234944.jpg

ふきのとうも、花咲いて食べられないね。
b0211924_22244162.jpg

暖かいです。
でもね、旅行村の人が「馬の背あたりは、40センチほど積もってるよ。ちゃんと装備してたら行けるけどね。」って。
またまた、大袈裟なこと言ってるね。

なかなか整備された歩きやすい登山道で、しんどいけど余裕。
b0211924_22275296.jpg

元々火山だったらしく、溶岩のような大きな岩がたくさんあります。
エッチラホッチラと階段状の登山道を上がって行くと、難所の馬の背です。
まさに馬の背。
端っこは崖っぷち。
少しでもふらついたら、落ちるやん!
恐ろしい~。
b0211924_2334352.jpg

でも、ここからの景色は最高なんです。
が、立つのが怖い。
b0211924_2372458.jpg

春霞か花粉かで、ぼやけているけど、いい景色。澄んでいたら白山まで見えるんだって。
出発から2時間弱で、東峰に到着。
ここで、お昼ご飯のお弁当を食べました。
b0211924_23105914.jpg


ここで、終わりかと思いきや、西峰にも行くんだと。そこへは、ロープ、はしごなどアスレチックな難所が味わえるので、面白そうってさ。
ん?まぁ、これ以上歳とったら行けんもんね。行こう行こう。
b0211924_22374573.jpg

怖いよー、雪も深くなるし、滑るし、転けるし…。
b0211924_22394422.jpg

b0211924_224034.jpg

ファイトー!イッパーツ!的な難所の連続。そして雪。
b0211924_23131413.jpg

こんな大岩を潜ったり、何度も足が滑って転けながらも、1時間後に西峰山頂に到着。
b0211924_22452330.jpg

大きな岩のてっぺんに登っての景色は素晴らしいです。

当初は、来た道を引き返す予定だったのですが、あの恐ろしい経路をまた通るかと思うと、距離はあっても安全なルートで帰りたいと、私は訴えました。

その意見が通り、今寺経由で里に降り林道を使って元に戻るルートをとりました。
里は、猿の楽園と化し、畑は猿の食害で酷いもんでした。

少し道に迷いながらも、何とか夕方4時過ぎに旅行村に到着。

二人とも、精も根も尽き果てヨレヨレになって、外食もせず。
ビールとお惣菜を買って、家に帰り昨夕の残りのドライカレーを食べて、ぶっ倒れました。

なにが、初心者コースよ。
屋久島よりずっとハードでしたよ。

でもね、難所のはしごの側にこんな可愛らしい花が咲いてたのさ。
b0211924_23152428.jpg

たぶん、雪割一華だと思います。
うれしいねー。

〈追記〉
後で図鑑やネットでよく調べたら、一華ではなく雪割草でした。
でも、自生しているのを見れたのは良かったなー(^-^)v
[PR]
by harutin52 | 2014-03-24 22:14 | トレッキング | Comments(4)
春のお彼岸
19日の朝、一人で掃除道具を積んだマイカーに乗って、岡山へ墓掃除&お参りに行ってきました。

片道3時間ちょっとかかります。
お墓は、日本のエーゲ海といわれる牛窓にあって、母と兄の住む家より手前にあるので、お墓に母と兄に集合してもらい作業しました。
水道設備も井戸も無く、車の入れない山道を登って行くので、家からポリタンに水を入れてバケツに入れ換え持って行くしかないという不便なところ。
山肌に作られた墓地の周囲は、原生林なので、ドングリ系の落ち葉がドッサリのっかかっています。
父が建てた墓ですが、皆愚痴をこぼしながら掃除してます。
今回は、生垣のツゲの剪定をガシガシ頑張ったので余計に疲れました。
頑張った分、母はご満悦でしたが…。

1時間半ほど頑張って掃除して、お参りして、やっとお昼ご飯。

事前にネット検索して見つけていた処に行きました。

「青島食堂」
あなご重が名物なお店。
時間が遅かったせいで、あなごが2人分しかなかったので、母と私が頂きました。
b0211924_1728824.jpg

兄は、えび天重にしました。
b0211924_17295417.jpg


シンプルな膳ですが、素材がいいので、しつこくなくて美味しかったです。

この歳になるまで、リゾート地牛窓にはお墓かお寺か法事で利用した「オリーブの里」にしか行った事がなくて、考えたら勿体無いなぁーて思い、これからはどんどんいいとこ見つけて楽しみも作りながらお墓参りしたいと思います。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-20 17:12 | お出かけ | Comments(4)
うふふ…
ほら、つぼみ。
b0211924_21181027.jpg


クリスマスローズ。
2度目の春、やっと花が見られます。
春、つぼみ、それは期待そのもの。

明日はお墓参りに岡山へ、日帰りで行ってきます。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-18 21:17 | ガーデン | Comments(4)
ここんとこ…
屋久島から帰って、溜まった仕事をこなさなくっちゃと思いきや、雨だったり霰混じりの強風だったりと春の不安定なお天気が続きました。

火曜日はお茶のお稽古で、花月を3クールしました。このお稽古、かなり膝にきます。翌日から湿布貼ってます。
b0211924_2373651.jpg

この日の北嵯峨高校横の梅です。

旅行中は、ご飯作りしなかったので、余計に面倒くさい気になりますが、久しぶりにロールキャベツ作りました。
b0211924_23111672.jpg

牛ミンチと合挽きミンチをミックスしたからか、しっかりした塊でした。
美味しかったです。

そして、屋久島から持って帰ったタンカン。縦にカットして皮を外して食べます。
b0211924_23145570.jpg

甘くて香りが良くて、ほんと最高にウマイ。数があまり多く出来ないので、島外には多く出荷していないのだと、お裾分けしたお向かいさんから聞きました。
そんなことなら、もっとたくさん買ってくるんだったなぁー。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-16 23:02 | 日々日常 | Comments(2)
さすが!ディズニー
そうそう。
帰ってきた次の日は、Sさんと瑠璃渓温泉に行きました。なんと割引期間中で800円が500円になっててラッキー!
その分、300円の豪華マッサージチェアーを利用しました。

木曜日は一日雨だったので、4ヶ月振りに美容院でカットしてもらいました。
今度は、高島礼子にしてもらいましたf(^^;

金曜日夕方、またまたSさんと今話題の映画を見に行きました。
アナと雪の女王です。
日本語吹替え版ですが、良かったです。
松たか子、神田さやかの歌、侮れません。もちろん、オリジナルバージョンも素晴らしいと思います。
機会があれば、オリジナルの方も観に行きたいです。

今や、アニメは実写を越えてます。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-15 20:27 | 日々日常 | Comments(0)
屋久島旅行(3日目)
白谷雲水峡のトレッキングは、まだ初級者でも大丈夫なコースだったので、民宿でゆったり過ごしましたが、次の日のコースは、侮れません。
何せ、ガイドさんのお迎えが6時20分なんですら。

早朝に朝ごはんを用意してもらい、ささっと準備して出発。
またワゴン車で安房川沿いを逆上り小一時間すると、スタート地点の ヤクスギランド入口に着きます。

安房地区辺りから見える太忠岳。
てっぺんには高さ40メートルもある花岡岩の大岩が見えます。
スタート地点からもてっぺんが見えます。
b0211924_11235391.jpg

まるで、モアイ像のよう。

この日は、前日一緒だったLeeさん母娘の娘さんとご一緒することになりました。
ガイドさんは、市川さん。
この4人で、まずは準備運動とストレッチ。
ありゃ、そこでもう私、後にゴンゴロリンとひっくり返る始末(笑)。

ベテランガイドの市川さんも、今回見に行く大和杉は20年は行ってないとの事なので、地図の等高線を読みながらの行程になります。

最初のうちは、ヤクスギランド内なので、間違える心配はなし。
b0211924_11303388.jpg

朝の光に輝く川面が美しい。
b0211924_11313381.jpg


先々、大変な道になることを心配しつつも、慎重に足を進めます。
この日は、トレッキングというより登山だということで、なかなか写真撮影も余裕がなくて、枚数も少ないです。

それでも、こんなお花にも出くわしました。
b0211924_1134396.jpg

ガイドさんに聞くと、「コショーの花」だそうです。沈丁花の一種だそうで、鼻を近づけて嗅ぐと、うん、そのような香りがします。
この写真、ガイドさんに撮ってもらいました。
私が撮ると、白色が飛んでしまって、上手く撮れなかったんです。

ほんと、このコースは人があまり入らないので、倒木や低木の枝が張り出していたり、普通に歩けないんです。
ストックを前方に放り投げて、両手をついて足をグッと上げてかけて、ヨッコイショと登っていく所も多かったです。
そして、心の中で、帰りはここを下りて行くのか…と、めっちゃ不安にもなりました。

それでも、頑張ってなんとか目的地の4分の3ほど行ったところに「美保の杉」がありました。
b0211924_11445727.jpg

ヤクスギらしい貫禄と、苔の付き方や他木の枝の絡み方が素晴らしく見ごたえ抜群!
コースから30メートルほど谷に降りて行くとあります。
名札も何も付いてないので、ガイドさんが見つけてくれなければ、見過ごしていたでしょう。
ガイドさん自身も、久しぶりに見た事もあってか、「いいヤクスギだー。ほんと、いいねぇー。」と言ってたくさんシャッターをきっていました。

そこからは、もう少し。
誰も踏み込んでいないかのようなフカフカの落葉の道というか林の中を抜けて、やっとお昼過ぎに、大和杉に到着です。
b0211924_11535173.jpg

幹回りは、先程の美保の杉には及ばない気がしますが、こちらは高さがありそうです。
b0211924_11552984.jpg

株元も、ゴツゴツ感があります。
b0211924_11562580.jpg

b0211924_1157150.jpg

ヤクスギは、なかなかワンショットには収まりません。

なんとか、目的達成しました。
ここで、登山弁当を食べて休憩した後、来た行程を下山します。

まぁ、段差のある所を降りて行くのは大変でした。
倒木を踏み越えるのも、バランス感覚の無い私は冗談のように落下し、大量の花粉を抱えた倒木の枝の茂みにダイブしたのです。
ガイドさん曰く、スローモーションのように落ちた後、花粉がボワァーと舞い上がったよ。花粉症の人だと大変だったでしょうね。
そうね、幸運にも私は花粉症ではなく、こんな目にあってもクシャミ一つ出ないのでした。
しかし、おしりは青タン二つ出来ました。
b0211924_126018.jpg

それでも、力もバランスも無いながらも、おばさん臭い降り方と歩き方で無事に、スタート地点に帰ることが出来ました。
良かったです。
帰りの車は、安堵と疲労感で少し眠くなりました。

この日は、空港から徒歩5分の「苺一笑」さんにお泊まりです。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-13 11:13 | トレッキング | Comments(2)
屋久島旅行(2日目)
さぁ、二日目はいよいよトレッキングです。
今回屋久島でのトレッキングは、エコツァーガイドを頼むことにしていました。
ガイドさんは、屋久島でも古参格のYNAC(屋久島野外活動センター)です。
今日はそこの代表者でもある松本さんに連れて行ってもらいました。

コースは、白谷雲水狭です。
朝、9時過ぎに宮之浦のセンター事務所をワゴン車に乗って白谷川沿いを上がって行きます。
道の側にはヤクシカやヤクザルが出てきます。
b0211924_2139364.jpg

そして、コースの入口の管理棟に着くと、そこからは車は入れません。
トレッキング開始です。

歩き始めると最初に大きな岩の塊(憩いの大岩)が出現。その上がコースです。
b0211924_21415348.jpg

今日のグループは、私たち夫婦の他に台湾出身アメリカ在住のリーさん母娘も一緒です。娘さんは、現在は博士論文の資料集めのため東京に滞在中だそうです。

すると、なんとまっすぐの水路のような滝に出会いました。飛流おとしです。
b0211924_21494825.jpg

途中には、沢を越えなければならない所もいくつかあり、母リーさんは足を滑らせて片足水に浸かってしまいました。
b0211924_2151130.jpg

ここは川からの湿気が多いので苔が多く神秘的です。
照葉樹林から針葉樹林への移行帯なのですが、立派なヤクスギも時々見かけられます。
b0211924_2156213.jpg

b0211924_21553212.jpg

標高も800メートルを超え、少し肌寒くなった頃、お昼ご飯です。
白谷小屋前のベンチで登山弁当を頂きます。
b0211924_223957.jpg

竹の皮に包んであって、たぶん風で飛んでいったりしても、自然に帰るものだからなんでしょうね。お箸も、ガイドさんがマイ箸を配ってくれました。
熱々のお味噌汁も頂きました。
この辺りは雄のヤクシカをたくさん見ることが出来ます。
b0211924_2262811.jpg


ご飯の後歩いてすぐに、苔むす森に着きました。
b0211924_2283875.jpg

「もののけ姫」の舞台のイメージとなったところ。
そこから少し行った所からUターンし、途中分岐した所を奉行杉のあるコースに行くと、三本槍杉、びびんこ杉、三本足杉、二代大杉を見ることが出来ます。
b0211924_22145075.jpg

b0211924_22145651.jpg

b0211924_22142918.jpg

b0211924_22161382.jpg

b0211924_22163053.jpg

屋久杉は、株元がどでかくて、てっぺんは他の木に占領されて全体像が一枚の写真に収まりません。

b0211924_22195331.jpg

屋久杉は、伐採された株の上に落ちた種から芽吹いたり、倒木した木の上に芽吹き元々の倒木が朽ちて無くなり足のようになったり、他の木が抱きついたりして、とても複雑なモニュメントになります。
それには、苔がたくさんの水を蓄えて木や岩を覆っていることも大きな要因になってます。

丁寧でゆっくりと説明して頂きながら歩いたので、そんなに疲れませんでした。
でも、ふくらはぎがちょっと張っている感じ。
この日は、宮之浦に近い楠川の民宿「野の花」さんにお泊まりしました。
タンカンジュースで割った焼酎「三岳」が、美味しかったなー。
便秘が心配な私に、パッションフルーツをのせたヨーグルトを出して下さって、おかげで助かりました。
ありがたかったです。

次の日は、メインのトレッキングです。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-10 20:51 | トレッキング | Comments(2)
屋久島旅行(1日目)
3月5日朝、伊丹空港を10時25分発の屋久島行き直行便に乗りました。
ゲートは空港の端っこ。
しかも、ちっこいプロペラ機。
バスみたいな機内。
b0211924_2351374.jpg

ちょっとガタガタしたけど、無事に屋久島空港に着陸。

その後すぐに、レンタカーに乗って時計回りに県道を走ります。
まずは、腹ごしらえ。
県道沿いの分かりやすい場所にあったお店「茶屋ひらの」さん。
お昼は、2100円のコースのみなので、それをお願いしました。
b0211924_23552561.jpg

なんと、20皿の地元野菜やお魚のお料理。もうお腹パンパン!!
お得でしたー。

次は、千尋の滝。
b0211924_003973.jpg

ダムみたいやー!
そして、海の近くに行くと、トローキの滝。
b0211924_025666.jpg

海へ透明で大量の水が落ちて行きます。
b0211924_04303.jpg

滝といっても、すごいデッカイ!

次は、屋久島フルーツガーデン。
b0211924_07221.jpg

入場料500円で、ここを作ったと思われるおじちゃまがガイドしながら園内を案内してくれます。亜熱帯植物やマンゴーやパッションフルーツ、モンキーバナナなどがありました。散策の後は、フルーツが試食出来ます。お腹いっぱいだったけど、完食しました。

そして、またまた滝です。
大川の滝です。
日本の滝百選の一つなんですよ。
b0211924_0125594.jpg

ほら、岩の上の人と比べてみたらその大きさが分かるかな?
屋久島は、もうそこらじゅう滝だらけです。

そこから島の海岸線の西部林道を走ります。道幅が狭く、クネクネしています。
この辺りも照葉樹の原生林です。
林道が終り県道に変わるとすぐに、屋久島灯台があって、寄り道しました。
b0211924_018591.jpg

明治初期に建てられた灯台で、先の大戦での爆撃にも耐えたとか。
なんとなく、教会にも見えるよね。

さぁ、日の入りの時間が近づいてきました。この日は、夕景を目当てに選んだ民宿「屋久の子の家」へ。
さっそく、お部屋から夕景の撮影。
b0211924_0235190.jpg

ムフフ…。なかなかいいじゃない(*^^*)
お風呂は、薄暗く木の浴槽で、天然水と自家製のにがりを入れたお湯です。
夕食も地元の山菜や鯛などのお造り、鹿児島豚の三枚肉のすき焼き(味噌味)。
いろんな山菜の天ぷらが美味しかったな。
b0211924_0293543.jpg

ご飯の後も、もう一人の常連客の女性とオーナーさんと、おしゃべりしたりしました。
こちらのお宿には、テレビが置いてないし、スマホもネットが使えないので、何にもしない旅には向いていますよ。
近くには、海ガメが産卵しにくる砂浜があります。

翌日は、いよいよトレッキングです。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-09 23:44 | お出かけ | Comments(2)
無事、帰ってきました
3月5日から8日まで、3泊4日の屋久島旅行に行ってきました。

そのためにモコをいつもトリミングしてもらっているボニーさんで預かってもらっていました。
出発日の前日の夕方にボニーへ連れて行き、懇情のお別れをしたのです。

モコがいつも寝るときに敷いている毛布やおもちゃと、ドライフードと食べなかった時のために缶詰フードとご褒美のオヤツも一緒に。

そして、心配しながらも今日まで緊急の連絡もなく、迎えに行くことになりました。

結果、「モコちゃん、全く問題なく過ごしていましたよ。フードも缶詰を少し混ぜてやればすぐに食べるし、トイレもちゃんとシートでしてくれるし、寝る時に犬舎に入れても泣くこともなく大人しくしていました。他のワンちゃんにも結構グイグイ追っかけたりして、反対に近寄られると離れてみたり、トラブルもなく平気でしたよ。」ということ。

そうか、そうだったのか。
ほんと、良かった。安心したよ。

迎えに行くと、私に気がついてガラス戸越しに近づいてきて尻尾を振ってくれました。
わかったんだね。
良かったぁ。

長く留守にしていた家は、とても冷えきっていたのでストーブを点けると直ぐに、ストーブ前を独占していました。

いつも通りの生活に戻ります。
b0211924_19573466.jpg

夕ご飯を食べてご満悦のモコです。

明日から少しずつ屋久島旅行の様子を記事にしていこうと思います。
写真がいっぱいで、大変です。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-08 19:40 | わんこ | Comments(6)