<   2014年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
一人増えるだけで
次女が実家で静養することになって、何が変わったかというと、ご飯づくりにヤル気が少ーしアップしたことかな。
て、いってもそんなに凝ったり、品数が増えたわけではないけど、夫と二人だけでは作らないものを作ったりします。

娘のリクエストで、タコライス。
b0211924_10543074.jpg

なぜか、とろろ昆布とオクラのすまし汁。

夜のグルメ番組を見ていたら、やたらたべたくなった餃子。
b0211924_10562244.jpg

あまり動けないけど、餃子の皮包み作業なら座っていて出来るので、退屈しのぎにねるので、娘にやってもらいました。

手作り餃子なんて、二人の時はまずやらない。

一人増えるだけでも、今夜は何にしようかと考えるのも楽しみになりました。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-31 10:50 | 手作り | Comments(2)
デラウェアのジャム
桃のジャムも食べ終わり、何かいいシャムが作れないかと思いながら、スーパーの果物売り場を見ていたら、ブドウが目に付きました。

ブドウなら出来そうやん!
しかも、デラウェアなら価格も手頃だし甘味も強いので、よいかも…。

てなわけで、「切迫早産気味で出来るだけ安静に」と言われて実家預りの身となった次女の暇潰しに、手伝ってもらいました。
b0211924_14195616.jpg

実と皮を分けて、皮をだしパックに入れて、砂糖とレモン汁を適量入れて煮ます。
b0211924_1422069.jpg

いい色が付いたら皮は取り除き、煮詰めて出来上がり。
380㌘ほどのデラウェアで、出来たジャムはこれだけ(-.-)
b0211924_14241220.jpg

でも、やっぱり、美味しい!
シリアル+ヨーグルトにトッピングして。
b0211924_14255472.jpg

短時間で出来るので、ブドウの安い時に買ってまた作りたいです。
マスカットでも試してみたいなぁー。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-26 14:11 | 手作り | Comments(2)
ひとつだけ
不安定なお天気で、気持ちも下がり気味。腰痛は、大分治ってきたのに、無理すると再発しそうなので、動きにもブレーキかけながら過ごしてます。

今日も仕事に行くと、空が怪しくなってゴロゴロと雷鳴が聞こえてきて、お昼には通り雨がありました。
b0211924_16485068.jpg


今朝、ふとプルーンの木を見るとひとつだけ実が成っていました。
b0211924_16485624.jpg

落ちてアリに食べられては台無しだと思い、慌ててもいで帰りました。
よく見るとまだ熟してなくて残念。
部屋の中で、追熟させてみよう。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-22 16:44 | 日々日常 | Comments(0)
8,16豪雨のツケ
16日~17日にかけての豪雨は、時間とともにその被害が想像を越えるもので、自然の恐ろしさと残酷さを思い知らされました。

福知山や丹波市の被害に比べれば、全然比較にはならないのですが、私個人としては痛く深刻です。

17日に、遅れていた仕事をこなそうと、頑張った結果、ぎっくり腰(軽度だと思う)を起こしてしまいました。
毎日の仕事で積み重なった筋肉がピキッと固まって、腰が分厚い鉄板になり痛みが走りました。
仕事から帰って、旦那さんに湿布と鎮痛剤を買ってきてもらい、安静に寝させてもらったら、翌日は少し楽になったので、残った仕事を片付けてしまい、夕方に整骨院へ行きました。
b0211924_1011835.jpg


電気、マイクロ波、マッサージとフルコースしてもらったら、気持ちよく、これで早く治るなぁーと安心して寝ました。

ですが、夜中に目が覚め、腰がガチガチに痛いのです。
もみかえし?
余計に炎症起こしたのか?
なかなか寝られず朝を迎えました。

原因は、仕事、ソファで変な格好でのうたた寝、旦那さんの車の運転などが考えられますが、安静と労りの言葉が治療薬となりそうです。
b0211924_1012716.jpg

↑は、記録的大雨の中、帰宅難民になった旦那さんを迎えに行く時の画像です。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-19 09:48 | 日々日常 | Comments(2)
雨、雨、雨の日々
湯気の中にいるような毎日がもう10日間ほど続いています。
晴れたらやっておこうと思ってた事や行きたかった所も、すべてダメになってしまいました。
花火が見られて本当に良かった。

やりたかったガーデン仕事もままなりませんが、秋の花が咲いています。

たますだれ。
b0211924_1034854.jpg

バラの下でニョキニョキと顔だししています。
そして、一年前に長女から託されたミニパアナップルも、アロエのように。
b0211924_10354884.jpg

いつ花が咲いて実になるのでしょう。

空からゴロゴロと雷が鳴ってます。
モコの暇もマックスに。
傘さしてでも、散歩に行くべきかなー。
b0211924_10381692.jpg

[PR]
by harutin52 | 2014-08-16 10:29 | ガーデン | Comments(2)
今年花火
今年も八木の花火を見に行けました。
今年から南丹市花火大会たいう名前になり、花火もバージョンアップした感じです。
b0211924_1243759.jpg

b0211924_125616.jpg

静止画だとうまく伝わらないなぁー。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-16 01:21 | お出かけ | Comments(0)
また、痒い痒い病に
先月は、調子良かったのに、また最近よく掻くようになり、掻くだけじゃなくシガシガ噛むようになり、とうとう禿げてしまいました(--;)
b0211924_9372672.jpg

暗くて見にくいですが、後ろ足爪先です。
耳も赤くなって。
b0211924_9375144.jpg

昨日、トリミングしたてなんですがね。

何が悪かったのか?
オヤツかなぁー。
食欲、散歩欲は旺盛なんだけど。

お盆休み明けで、動物病院行きやなぁ。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-15 09:33 | わんこ | Comments(2)
台風11号忍び寄る
だんだん近づいてきましたね。
台風11号。
12号の方は、お先に過ぎていったけと、ノロノロと不気味に近づいて来るのが余計に怖い。

1時間前まで雨が強かったけど、今止んでます。レーダーを見ると、ちょうど雲の切れ間でした。まだまだ台風本体の雲は四国の南沖にあります。

最近のボチボチ作ったもの。
桃ジャム。
中玉4個でこんだけ。
b0211924_150201.jpg


久しぶりに昨日お好み焼きしました。
b0211924_1514745.jpg

お皿に乗っけるんじゃなく、鉄板でコテをコキコキしながら食べたいなぁー。

お向かいさんから大量のシシトウを貰ったので、大鍋でじゃこと塩根布で炊きました。
b0211924_1535496.jpg

煮ると、かなり嵩が減り昨晩半分食べたので、タッパーに収まる量になりました。

今のところ、大雨、洪水警報が出ていて、園部より奥側へ行く鉄道や道路は通行止めになってきました。

時時、河川情報をデータ放送で見ながらドキドキしてます。
でも、どこが避難場所なのか知らないの。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-09 14:54 | 日々日常 | Comments(8)
我が町のスィーツ
昨日、ご近所さんと我が町にある老舗料亭「津多屋」さんで、わらびもちを食べに行ってきました。
b0211924_20345869.jpg

こちらのお店は、創業1956年で地元では有名な料亭です。仕出し弁当や会社や官公庁の宴会、法事の会食など会席料理をメインとする料亭です。
建物もなかなか趣があって、落ち着いた良い雰囲気。
b0211924_20181776.jpg

b0211924_201849100.jpg

わらびもちは、本ワラビ粉を使っていて、きな粉は日吉産の緑豆を細かく挽いたもの。横に立てかけられたのは美山の「う豆」さんの湯葉をパリッと焼いたもの。左上の丸いのは八木の牛乳と黒蜜を使って豆腐状にしたもの、アイスクリームやマンゴー、さくらんぼが付いていて、優しく美味しい。
とてもきな粉の香りが良くて、わらびもちを引き立てていました。

飲み物とセットもありましたが、コーヒーやジュースだったので、やめておきました。
是非とも、お薄をセットにしてほしいです。それと、お水ではなく、ほうじ茶を出して頂けると尚結構なんですが。

そこのところは、リクエストしておきました。うるさいおばちゃん達ですが、若い世代の挑戦を応援してます。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-05 20:13 | 日々日常 | Comments(0)
明治の舞鶴へタイムトラベル
昨日は、舞鶴へ行っていました。
今年の海フェスタの会場にもなっているのです。それをきっかけにした貴重な建物の一般公開がありました。

聚幸菴という元海軍御用達の料理旅館です。明治37年に建てられ昭和まで、軍の偉いさんや地元有力者の宴会などに使われていたそうです。

使われなくなって長く放っておかれたので、雨漏りや庭も草が覆い茂って荒れていたそうです。
今回の公開をきっかけに、ボランティアさんたちの多くの汗と努力のおかげで、当時の活気溢れていた軍港舞鶴を見ることが出来ました。

玄関前。
b0211924_13171455.jpg

玄関を上がった前の福助?の窓。
b0211924_1318444.jpg

宴会場には能舞台。
b0211924_131939.jpg

天上は格天上、庭には変わった枝振りの松。
b0211924_1322145.jpg

手回し蓄音機から、東郷平八郎の亡くなる1年前の言葉が聞こえます。
日露戦争の勝利に浮かれることなく、勝って冑の尾を締めよ!
2階には、乃木希典や東郷平八郎の間がありました。
b0211924_13271224.jpg

b0211924_13272169.jpg

b0211924_13274647.jpg

b0211924_13271346.jpg

b0211924_13263512.jpg

今の東舞鶴の商店街は寂れて、老舗旅館も他者に代替わりしたり、全く別の店になったりしてしまいましたが、明治、大正、昭和と海軍と共に栄えていた頃や、シベリアや中国からの引き揚げの港として、悲喜交々の現実を見てきた町を今生きる私も心に焼き付けておこうと思いました。

この聚幸菴を懐かしく涙ぐみながら見学に来られる高齢の方の後ろ姿が、沁みました。
[PR]
by harutin52 | 2014-08-03 13:05 | お出かけ | Comments(2)