本音を言えば
昨日、急にかき氷を食べる目的で京都へ出かけました。
この前の綿菓子と同じ三人組で。

この日は祇園祭の宵々山でもありますので、中心部は避けました。
一度は食べてみたかった虎屋茶寮のかき氷。
b0211924_22152644.jpg

正に青山緑水ですなぁ〜。
かき分けていくと餡子が現れます。
うん、美味しい。
そして、だんだん寒くなる。
冷たいほうじ茶が付いてきますが、ここはあったかいほうじ茶が欲しいところ。
次は小さいサイズの方にしようと思いました。

先にかき氷を食べてしまったのですが、お昼ご飯がまだだったんです。
お腹は、そんなに空いてないけど、昼には昼ご飯を食べないと気が済まない人がおりまして、さくっと蕎麦でも行っとくか、と検索してから北山へ移動。

蕎麦屋、じん六さんへ。
さくっと、ざるそばを注文。
b0211924_22152667.jpg

こだわりの蕎麦なんですよ。
ミシュラン一つ星も受けたことあるとか。
でもね、私的には上等すぎて、美味くないのです。いえいえ、不味くはないんですよ。
隣の席の男性は、とても美味しそうに唸りながら食べてましたし。
もう一人のお連れも、顔が険しい。
私たちには、もっとよく茹で上がった麺のほうが口に合うみたい。
塩で食べるような通好みの蕎麦はダメなんだ〜。
お店が悪い訳ではないけど、ふらっと選んだ私達が悪いのか。

私には、出石蕎麦のようなタイプが合うみたい。
薬味のネギも青ネギが好みやし、ワサビももっとツーンとした練りわさびがいい。

決して安くない蕎麦。
高値の蕎麦には要注意です。

[PR]
# by harutin52 | 2017-07-16 21:53 | お外でごはん | Comments(0)
長女とのんびり
もう1週間前の話ですが。
久しぶりに、長女が帰省しました。
何の計画も無く、の〜んびりと過ごす事にしました。

この前行って気に入ってたこんだ温泉へ行ったり、次の日は京都水族館へ。

温泉でランチ。
b0211924_14285691.jpg

今年初めての鱧を食べました。
ほんの少しだけでしたが。。。

京都水族館では、アザラシの散歩も。
b0211924_14285792.jpg

かわいいなぁ💕
そして、いつ見ても感動するイルカショー。
b0211924_14285732.jpg

ナイスショットが撮れました。
海に行かなくても潮風を浴びて、気分転換出来ました。
この後は京都タワーの地下のリニューアルしたばかりの食堂街へ。
京都で人気の店が入っていて、いろんなお店の味をフードコートで食べられます。
焼き鳥とギョウザで軽くビールを飲んで良い気分。
b0211924_14285865.jpg

夕暮れの京都駅でバイバイ。

旦那さんは、沖縄ダイビング旅行なので、その後3日間は一人ぐうたらな日々を過ごすことに。




[PR]
# by harutin52 | 2017-07-13 14:15 | 日々の出来事 | Comments(0)
7月は蒸し暑い
今月に入ってから、ジメジメと蒸し暑い日が続いてます。
九州地方の土砂崩れや洪水による被害の状態を見ると、日本のほとんどの地域もこうなるリスクがあると再認識します。
この蒸し暑い中、避難所にいなければならなかったり、泥かきしたり片付けしたり、本当に心配です。

ところで、私は何してたか?
大して何もしてません。

お茶事の後は疲れて何も頑張れませんでした。
たまたま旦那さんも休みだった日曜日に、家電店へ出かけ旦那さんの部屋のエアコンを買い替えました。

エアコンをうまく値切る指名を達成して、余裕でテレビや冷蔵庫を見学してたら、さっきの店員さんが「今が冷蔵庫、お買い得ですよ💓」なことを言うので、冷蔵庫はもう17年使ってるから、そろそろかなぁ〜と考えてた事もあって、なんとエアコンよりはるかに高い冷蔵庫を買うことになったのです。

火曜日、搬入です。
長い事お世話になった冷蔵庫よ、ありがとう〜😊
b0211924_15130644.jpg

なんて、生活感あふれた冷蔵庫。
のどごし生のシールがいっぱい貼ったままです。
朝から、黙々とシールを台紙に貼りかえました。

配達前に電話連絡があるから、それから中身を出そうと思ってたら、「今から10分したら伺います」と。急やん!

保冷バックやクーラーボックスにポンポン放り込むと、結構たくさん入ってました。

旧冷蔵庫を搬出すると、スゴイ埃の絨毯。
ごっそり17年分。
それを速攻で掃除しなくちゃいけません。
必死のパッチです。
もう少しゆっくりと掃除したかったなぁー。

そして、新しい冷蔵庫登場ー!
b0211924_15130708.jpg

巾が!60センチから65センチに大きくなりました。
メーカーは、前と一緒の三菱。
ドアは観音開きに。

とても綺麗で大きくなったんだけどね。
観音開きなので、ワンアクションで物が取り出せないのだよ。
それと、前みたいに磁石でドアにメモなどが貼り付けられないんだよ。

そして、前のアクションが体に染み付いていて、ドアや引き出しを開ける時に、よく空振りしてしまうのだよ。

そのうちに慣れるんだろうけど。
こんなに大きくなくても良かったかなぁ〜。
でもね、60センチ巾のんと値段が一緒だったんだもん。
それなら、大きな方選ぶやんねー。
[PR]
# by harutin52 | 2017-07-10 14:36 | お買い物 | Comments(0)
お茶事の水屋手伝い
さて、お茶事の次の日は水屋手伝いでした。
これも、初体験。
朝9時に先生宅に着いて、私は料理係をする事になってました。

前日の担当の方が今日の料理はほぼ作って冷蔵庫に入れて下さっていたので、それを盛り付けて出すだけで良いという感じでした。
それでも、ご飯を炊いて物相飯にし、味噌汁のお出汁と具材を合わせて味噌を良い塩梅に味付けたり、煮物も火にかけたりなどなど一手間はかけました。

失敗だったのが、主菓子を入れた縁高の正面の向きを亭主の方に間違って教えてしまって、正客の方にダメ出しされてしまった事です。
私も無知でした。
先生も「丸前、角向こうよ。」て笑ってました。
そうなんやー。
プラスチックのお重しかしらないので、あの筋目は装飾かと思い筋目が正面かと勘違いしてました。
勉強、勉強。

そして、大変なだったのが次の日のお料理の準備です。
一番出汁、二番出汁をとり、味噌汁の具材を煮ておき、二番出汁を使って煮物をつくり、酢の物の具材と合わせ酢を作っておくのです。

分量は書いてくれていましたが、味付けのレシピが無かったので、自分流でするしかない!これでいいのかなー??

出汁をとるのも、初心者に近い私。
しかも、その昆布と鰹節の量の多さに驚愕。
2リットルの出汁を取るのに、昆布150グラム、鰹節80グラム。
数字で見るとびっくりしませんが、鍋の中の昆布が金魚鉢に鰻がひしめき合っている感じ。
えーっ?これ間違ってない?
でも、昆布出汁で味見すると、美味しい。
さらに、そこに鰹節を入れてみると、もう天にも登る旨さ。
このままでいいやん。
味噌汁にするのも惜しまれる旨さでした。

お茶事のお客さんが見送られる頃から作り始めて1時間半ほどでほぼ完成。
それぞれをタッパーに入れて冷蔵庫に保管。
でも、煮物は鍋に入れたままで冷蔵庫には入らず。
蒸し暑い日なので、痛まないか心配。
そして、私の味付けが心配。
酢の物の合わせ酢も水臭いかもな。
次の日のお客さんは、社中の大先輩方。
身内ではありますが、口の肥えたお姉様達。
あー、心配。

まぁ食中毒にさえなってなけりゃ◯としよう。

それより、後礼の礼状を書かねば。。。
このお手紙を書くのも修行だ。
字も下手だし、ちゃんとした手紙の書き方もよく知らない。
例文を見ながら、あくせく頑張りました。

昨日、投函してひと段落。

大変だったけど、スリリングで充実した一日でしたー。
[PR]
# by harutin52 | 2017-07-05 08:46 | お茶の事 | Comments(0)
飯台の茶事
6月30日、茶道の先生のお宅で飯台の茶事を行いました。

お茶事はまだ2回目で、今回の飯台の茶事は、89歳の先生ですら初の茶事です。

正午の茶事のようなフルコースではなくて、手間をかけずに出来る茶事なんです。

私たちは、初日の金曜日。
その後、土曜、日曜と3日間あります。

当日の朝は、短時間でしたが恐ろしいほどの雷雨で、お着物で行かれる方々は、とても気を揉んだと思います。
私は、膝が曲げられないので気軽な洋服で行きました。

始まる11時には、雨も小降りになりました。
寄付きは、応接間で、待ち合いは2階の座敷です。
待ち合いで、お白湯を頂いて、その後、席入りしました。
雨のため、露地での迎えつけは省かれました。

亭主の挨拶の後、懐石が運ばれてきます。
今回の飯台の茶事は、ここが特徴です。
b0211924_21194867.jpg

飯碗と汁椀を重ねて布で包んで折敷の上に乗せて出されます。
客が、自分で布から器を取り出して、其々の蓋も器として使います。

今回のお料理は、具沢山のお味噌汁。
物相のご飯(うるち米に少しもち米を混ぜてます)。胡麻豆腐。煮物はカボチャ、ひろうす、いんげん。酢の物はキュウリとタコとミョウガ。八寸にスモークサーモンと焼きししとう。
b0211924_21194823.jpg


b0211924_21194996.jpg

最後に、湯斗と漬物三種。

写真は、水屋の方が撮っておいてくれたものです。

その後の、中立ちです。
雨も止んだので、露地に出て手水で手と口を清めて腰掛けに座って銅鑼がなるのを待ちます。

銅鑼の合図の後、席入りし、主菓子を頂きお濃茶を頂きました。
その後、続いてお薄です。
煙草盆、座布団が用意され、お干菓子が運ばれます。
お薄を頂いて、茶入れ、お仕服、茶匙、棗の拝見などして退席します。

外に出て、お見送りの挨拶をして終了です。

なんと、午後3時までかかりました。

簡単なお茶事といえども、やはり長丁場だなぁ。

今回、全く予習してなかったので、間違いだらけ。
さぞ、亭主は困惑した事でしょう。

特に、主菓子の縁高の正面を間違えて返しました。
丸前、角向こう。
木地の合わせ目が向こう側が正解てこと。

私は次客だったんだけど、拝見の仕方や返し方など、ほんとに難しいなぁ〜。

重ね茶碗、続き薄のお稽古を復習しないとなぁ〜。

そして、この次の日、私は水屋手伝いに行くことに。

つづく。。。

[PR]
# by harutin52 | 2017-07-03 15:25 | お茶の事 | Comments(0)