The 京都観光
昨日の日曜日、またしても真夏日の京都。
この前久しぶりの再会をした広島の後輩ちゃんが、大阪に用で来ているので京都を連れ回すことになりました。

スタートは、四条河原町高島屋前。
まずは、ランチです。
場所は、先斗町。
「春神」さんの春神ランチ。
b0211924_21334688.jpg

暑かったので、生ビールがおいしかったなー。ここは、地元民より観光客相手がメインのようで、内容よりちょっと値段が高めな気がします。量も質も私的には残念でした。
次は、蔦屋よしこさんで知った「せせらぎスフェラ」へ。
店内には、お客さんはゼロ。
嘯月セットは、残念ながら予約分で既に完売されていて、頂けず。
ならば、天然氷のかき氷だ!!と、「NITI」さんへ。
観光客でてんやわんやの花見小路。
運良く待たずに店内の2階のソファー席に案内されました。
ウキウキで「宇治金時としょうが」と素早く注文。「只今30分ほどお待ち願いますが、宜しいでしょうか?」とのこと。
「はい、大丈夫。食べてからのおしゃべりを食べる前にすればいいんだから。」と言って、待ちました。
30分を裕に過ぎ50分くらい待ったかも。
b0211924_2052178.jpg

やっと念願のかき氷。
一気に掻き込みました。
評判どおり頭にキーンときませんでした。甘さもあっさりしてベタつかず後口爽やかでした。
お支払して、外に出ると20人ほど並んでいました。もしかしたら、かき氷の削る機械が一台しかないのでは?
そのわりに、座席数が多いので回転がすごく悪くなってしまうのでは?
店員さんも「すみません。すみません。」と、謝らなくてはならないのが気の毒でした。

私たちが、急がなければならないのは、新島襄の旧邸宅の見学に行くためです。
事前予約していて、見学は午後4時までとなっています。
焦りぎみに、京阪電車で神宮丸太町まで行き、道を尋ねながらギリギリ4時2分前に到着。が、本日の見学は終了とのこと。「なんで?4時までが受付じゃあないの?」と詰め寄ったが、「受付は、3時30分までです。」と諭され、肩を落とす二人なのでした。
そんな可哀想な私たちにパンフレットを下さいました。

気を取り直し、その後の目的地は、下鴨神社です。
私もまだ行った事がなかったので、是非制覇しておきたかったのです。
北へ向かって歩き、途中「梨の木神社」にも寄って名水で喉を潤し、歩く歩く。
出町柳まで出て、名物「ふたば」の豆もちを買って、また歩く歩く。
ちょこっと迷いながらも、何とか糺の森に着きました。
b0211924_21161368.jpg

中に入るとまず「河合神社」があります。美麗の神様らしく、べっぴんさん祈願をしました。
b0211924_21145881.jpg

b0211924_21151446.jpg

こんなオバサンでもまだ諦めないのですよ。
それから、御手洗池を通って本殿へ。
b0211924_21185057.jpg

あっちこっちの祠に2礼2拍1礼していると、「閉門でーす。」と。
へー、神社にも閉門があるんだね。
そうして拝みまくったオバサン二人は、市バスに乗って京都駅へ戻りました。

陽も落ち、軽く夕飯に「東洋亭」でハンバーグセットを食べて、「美味しい。美味しい。」と満足感で満たされ、後輩ちゃんと新幹線改札前で、「また遊ぼうね。そして、痩せてガリガリになろうね!」と笑って別れました。

半日の京都観光でスカタンも多々ありましたが、「楽しかった~♪」と言ってもらえて良かったです。
よーく歩いたので、今日はちょっと膝が痛いな。
ダイエットせねば…。
[PR]
by harutin52 | 2013-05-27 20:22 | お出かけ | Comments(2)
Commented by ume-no_ivory at 2013-05-28 18:58
こんにちはharutinさん。
新緑の京都観光、いいなぁ行きたいなぁと思いながら
堪能させていただきました。
いつか、いつか行く機会があったら、ぜったい参考にしたいです。
特にお食事は、観光客しか入らないようなところも嫌だし、
ツウが行くようなところは、一見さんお断りされそうだし、
harutinさんが行かれたところなら、安心です。
また、京都積立はじめるかなぁ。
Commented by harutin52 at 2013-05-29 09:10
ume - no さんへ
この日も暑い日でしたが、真夏の蒸し暑さに比べたら楽なもんです。せっかく広島から来たんだから京都らしいところを選ぼうとすると、観光客目当てのお店になってしまいました。最近は、京都以外の人のほうが詳しいですね。私がいいなぁと思うお店のメニューは京都らしい訳ではないけど、丁寧に作られた美味しいご飯やカフェメニューです。お値段も納得価額ですよ。しかし、近くに有名な観光施設があるわけじゃなく街中です。遠方からのお客さんは、どちらがお好みでしょうかね。
<< バラの虜 大一番 >>