若草山ウォーク(食べ物編)
若草山山頂からの夕景を見るのが第一の目的でしたが、お食事も楽しみです。

奈良にうまいものは無いと言われますが、最近は町家を改装したカフェやレストランも出来て選択肢もたくさんありそうです。

今回は、リーズナブル(コスパ重視)なお食事処を選びました。
店名は「円」。
選んだのは、せいろ膳。
食べログには松花堂弁当って書いてあったけどなぁー。
まっ、いいか。
b0211924_1384015.jpg

左下の秋茄子の田楽と天ぷらがおいしかったです。酒粕の天ぷらがあり、ビックリしました。
お値段は、1500円。食後の珈琲も付いてます。

春日大社をお参りした後、少し暑かったのでかき氷が食べたい気分になって、甘味処で抹茶のソルベなるものを頂きました。
b0211924_13124150.jpg

うん、氷です。黒蜜をかけて食べるようになってます。かき氷より粒が大きいので、たくさん口に入れる事が出来ません。お婆ちゃんのように、チョビチョビ頂きました。

この日のウォークも終えて軽い夕食をしようということで、お昼の「円」のななめ向かいにあるカレー屋「楽」に入りました。カウンターとボロけたテーブル席がひとつの雑然としたお店。
大して期待せずに頼んだ2種類のルーが乗ったカレーを頼みました。
b0211924_13193571.jpg

野菜カレーと豚ミンチのカレー。
小皿には冬瓜のなます。
一口食べると、うまいやん。
辛くなくて、胃に優しい。
たくさん食べてももたれない感じ。
聞いてみると、このお店は元々はスパイスのお店らしくて、調合したカレー粉をパン屋さんやレストランに卸しているそうな。だから、小麦粉を炒めて作っていないんだって。

奈良と京都の違いって何だろう?
そうだ!奈良は商売っ気がないんだ。
お客さんがお店に入ってきても、すぐ反応しない。お店の中の見られたくない所も見えてる。それをあまり気にしていない。そう、お客さんに媚びない。
これって、歴史なんだろうなぁ。

それとね、この日の3軒ともお手洗いを使わせてもらったんだけど、甘味処とカレー屋さんは大分奥の方にあって、お昼の円さんは雑居ビルのトイレで、外扉と中扉があって、中に入って外扉を閉め中扉を開けると狭すぎてトイレに入れないというもの。外扉を開けたまま中扉を開けて体を入れてから外扉を閉めるという技がいります。
ほんと、京都ではこういったお店まだ見てないなぁー。

ある意味、ユニークですよ(笑)。
[PR]
by harutin52 | 2013-10-16 13:01 | お出かけ | Comments(2)
Commented by ume-no_ivory at 2013-10-18 20:05
若草山って、あの鹿がいるところの奥の山ですよね。
もうずいぶん前、母が元気だったころにその下まで
行ったことがあります。
harutinさんのおっしゃる通り、奈良は素朴な雰囲気がして、
すごく好きな街でした。

抹茶のソルベって、こんなの初めて見ましたよ。
食べてみたいなぁ。
Commented by harutin52 at 2013-10-19 19:44
ume - no さんへ
そうですよー。奈良公園を奥の方に行くと春日大社や若草山があります。真冬に山焼きする面は芝生ですが、裏側は原生林の山でした。
昨日は、お母さんの命日だったのですね。
大切な日に、お母さんと奈良を訪れた事を思い出されていたなんてね。
あのね、抹茶ソルベってマジ氷でしたよ。
あんまりお薦めではないかなぁー。
<< なんだこりゃ?! 若草山ウォーク(風景編) >>