屋久島旅行(3日目)
白谷雲水峡のトレッキングは、まだ初級者でも大丈夫なコースだったので、民宿でゆったり過ごしましたが、次の日のコースは、侮れません。
何せ、ガイドさんのお迎えが6時20分なんですら。

早朝に朝ごはんを用意してもらい、ささっと準備して出発。
またワゴン車で安房川沿いを逆上り小一時間すると、スタート地点の ヤクスギランド入口に着きます。

安房地区辺りから見える太忠岳。
てっぺんには高さ40メートルもある花岡岩の大岩が見えます。
スタート地点からもてっぺんが見えます。
b0211924_11235391.jpg

まるで、モアイ像のよう。

この日は、前日一緒だったLeeさん母娘の娘さんとご一緒することになりました。
ガイドさんは、市川さん。
この4人で、まずは準備運動とストレッチ。
ありゃ、そこでもう私、後にゴンゴロリンとひっくり返る始末(笑)。

ベテランガイドの市川さんも、今回見に行く大和杉は20年は行ってないとの事なので、地図の等高線を読みながらの行程になります。

最初のうちは、ヤクスギランド内なので、間違える心配はなし。
b0211924_11303388.jpg

朝の光に輝く川面が美しい。
b0211924_11313381.jpg


先々、大変な道になることを心配しつつも、慎重に足を進めます。
この日は、トレッキングというより登山だということで、なかなか写真撮影も余裕がなくて、枚数も少ないです。

それでも、こんなお花にも出くわしました。
b0211924_1134396.jpg

ガイドさんに聞くと、「コショーの花」だそうです。沈丁花の一種だそうで、鼻を近づけて嗅ぐと、うん、そのような香りがします。
この写真、ガイドさんに撮ってもらいました。
私が撮ると、白色が飛んでしまって、上手く撮れなかったんです。

ほんと、このコースは人があまり入らないので、倒木や低木の枝が張り出していたり、普通に歩けないんです。
ストックを前方に放り投げて、両手をついて足をグッと上げてかけて、ヨッコイショと登っていく所も多かったです。
そして、心の中で、帰りはここを下りて行くのか…と、めっちゃ不安にもなりました。

それでも、頑張ってなんとか目的地の4分の3ほど行ったところに「美保の杉」がありました。
b0211924_11445727.jpg

ヤクスギらしい貫禄と、苔の付き方や他木の枝の絡み方が素晴らしく見ごたえ抜群!
コースから30メートルほど谷に降りて行くとあります。
名札も何も付いてないので、ガイドさんが見つけてくれなければ、見過ごしていたでしょう。
ガイドさん自身も、久しぶりに見た事もあってか、「いいヤクスギだー。ほんと、いいねぇー。」と言ってたくさんシャッターをきっていました。

そこからは、もう少し。
誰も踏み込んでいないかのようなフカフカの落葉の道というか林の中を抜けて、やっとお昼過ぎに、大和杉に到着です。
b0211924_11535173.jpg

幹回りは、先程の美保の杉には及ばない気がしますが、こちらは高さがありそうです。
b0211924_11552984.jpg

株元も、ゴツゴツ感があります。
b0211924_11562580.jpg

b0211924_1157150.jpg

ヤクスギは、なかなかワンショットには収まりません。

なんとか、目的達成しました。
ここで、登山弁当を食べて休憩した後、来た行程を下山します。

まぁ、段差のある所を降りて行くのは大変でした。
倒木を踏み越えるのも、バランス感覚の無い私は冗談のように落下し、大量の花粉を抱えた倒木の枝の茂みにダイブしたのです。
ガイドさん曰く、スローモーションのように落ちた後、花粉がボワァーと舞い上がったよ。花粉症の人だと大変だったでしょうね。
そうね、幸運にも私は花粉症ではなく、こんな目にあってもクシャミ一つ出ないのでした。
しかし、おしりは青タン二つ出来ました。
b0211924_126018.jpg

それでも、力もバランスも無いながらも、おばさん臭い降り方と歩き方で無事に、スタート地点に帰ることが出来ました。
良かったです。
帰りの車は、安堵と疲労感で少し眠くなりました。

この日は、空港から徒歩5分の「苺一笑」さんにお泊まりです。
[PR]
by harutin52 | 2014-03-13 11:13 | トレッキング | Comments(2)
Commented by マダムレモン at 2014-03-13 21:02 x
屋久杉って、いろんな形があって、どの写真を見ても、神秘的~。
もののけや森の妖精に出会えそうですね。
ハードなトレッキングの様子ですが、身体の疲れは、とれましたか?
Commented by harutin52 at 2014-03-16 15:16
マダムレモンさんへ
返信おそくなって、ごめんなさい。
屋久島って、小さな島なのに、木も岩も滝もスケールがデッカイんだよね。
まだまだ見足りないから、リピーターになりそうよ。
<< さすが!ディズニー 屋久島旅行(2日目) >>