小さく産まれて大きく育て
昨日、午後1時半頃に初孫誕生しました。
予想では夕方3時以降だと思って、昼過ぎまで仕事に行ってました。
2時45分に病院に着いて、ナースセンターに尋ねると、分娩室へ案内され、ノックして開けてみると、お婿さんに抱かれた小さな赤ちゃんがいました。
b0211924_14412268.jpg


「さっき、産まれてん。何か急に開いてきて……」と、アッサリと大仕事の後とは思えぬ清々しい顔の娘。

お婿さんは、気分上々、ハイテンション、アドレナリン出まくり。
写真撮影と親類、知人、友人への連絡やLine やらでスマホとにらめっこ。

小さくため、皮下脂肪が少ないので体温が低下しやすいらしく、体温が安定するまでは、出来るだけ新生児室にいた方が良いとのことでした。
でも、いい時に来たみたいで、少しだけ抱くことが出来ました。

これも、運が良かったということですね。
b0211924_1441517.jpg

周りから、おばあちゃんになったね、とか言われるんだけど、まだ実感わかないです。
[PR]
by harutin52 | 2014-11-09 14:31 | 日々日常 | Comments(2)
Commented by urushi-yoshiko at 2014-11-11 17:01
おめでとうございま〜す。
無事生まれて良かったですね(^_^)
娘さんもお元気そうで何よりです。
おばあちゃんの実感は3ヶ月たった今でもまだですもの・・・
きっと退院されてお手伝いが始まったら・・・
おばあちゃん、眠れない日もあるかもですよ(^_^)
頑張って〜
Commented by harutin52 at 2014-11-11 22:15
よしこさんへ
ありがとうございます。
結果的に安産で良かったです。
計画出産+無痛分娩でしたので、自然分娩より陣痛の痛さも出てくる痛さも大分軽かったと思います。
産院もホテルなみ(シャワー室トイレ付)に綺麗ですし、テンピュールの敷きマット+羽毛ふとん。
フレンチのフルコースにアロママッサージのご褒美も。
うらやましいわー。
おばあちゃんの実感って、どんなんだろうね。
<< また、変えました 仕切り直し >>