聚光院特別拝観
火曜日のお稽古日に、お茶友たちと大徳寺塔頭の聚光院へ行って来ました。
創建450年記念の特別公開です。
予約制で、朝の10時の組です。

この日の京都は陽射しも無く、時々冷たい小雨も降るような底冷えの天気。
最上級の防寒体制で行きましたが、お寺の中は暖房はされておらず天然の冷蔵庫。
板床は足腰に堪えます。
b0211924_10390908.jpg

利休の切腹の原因なのかも?と言われる金毛閣。
b0211924_10391009.jpg

b0211924_10391001.jpg

この日の見どころは、狩野永徳の障壁画と千住博の障壁画です。
写真は撮れないので、パンフレットの写真を。
b0211924_10563603.jpg

b0211924_10563655.jpg

あら、パンフレットじゃ、ちっとも良くないね〜。
日曜美術館で見たものが、目の前に、しかもちゃんと有るべき場所にある事が素敵です。
そして、大徳寺といえば、お茶室。
露地もお茶室も本格的…当たり前ですが。
b0211924_10563745.jpg

そして本堂前の大木、いぶき。
でっかい樹木には、どうしても惹きつけられるなぁ〜。
b0211924_10563772.jpg

本堂には涅槃図も掛けられていました。
14日、15日だけの公開だったので、ラッキーでした。
15日は、お釈迦さまの亡くなった日だったんですね。後で知りました。
その後、烏丸北大路の「はせがわ」でランチ。
b0211924_10563803.jpg

今回で、3回目かな。
変わらずの美味しさ。
そして、お稽古も4時間もさせてもらい、濃いい一日を過ごしました。
帰りにちょっとだけビールと中華も頂きました。


[PR]
by harutin52 | 2017-02-17 10:28 | お出かけ | Comments(0)
<< あともう少し 待ち遠しい〜春 >>