桜🌸2017
さて、今年の桜もピークを終えましたね。
まだ枝垂れ系や八重系は満開だったりしますが。

私の桜のお花見は、4月6日に世田谷の砧公園でした。
孫のお迎えが15時なので、それまでは暇になります。
慣れない場所で、慣れない車に乗って、ナビを頼りに。

まず、行きたかった静嘉堂文庫美術館へ。
多摩川を越えてすぐのはずなんですが、東名高速道路に乗るように指示してきます。
仕方がないので乗りました。
片道360円。

迷う事なく、静嘉堂文庫美術館に到着。
しかし、開館の気配がしない。
そう、閉館していました。
月曜日だけが閉館と思ってたのに。
b0211924_12280760.jpg


b0211924_12280848.jpg

でも、なかなかの原生林の残るいい雰囲気。
国宝の曜変天目茶碗に会いに、また来るね。

そんな訳で、このまま帰るのももったいないので、近くの砧公園へ行ったんです。
砧公園に着くと、世田谷美術館があって、なんと「花森安治の仕事展」の開催中でした。
トトねぇちゃんのファンだったので、迷わず入館。
b0211924_12280883.jpg

朝の連ドラで見た話が、実物で見られます。雑誌の表紙の原画など、今でも人気になるような絵も楽しい。
でも、最後のコーナーで、「一銭五厘の旗」というあの当時、たかだか一銭五厘のハガキ一枚で召集されて、悲しい人生になってしまったり、亡くなってしまったり、その人だけでなく、その人の家族や友人や知り合いの人たちも悲しく苦しい人生になってしまった事。
何故、それに逆らえなかったのか?
もしもこの先に、こんな辛い事が起こりそうなら、NOと言おう。
そういうメッセージをが有りました。
今、世界中で怖ろしい事が起こりそうな雰囲気があります。
とても、心臓にガンガンくる展示でした。

美術館を出ると、砧公園はソメイヨシノが満開。
b0211924_12280923.jpg

こんなに太い幹で枝が地面にひっついていたりします。
b0211924_12280995.jpg

b0211924_12281055.jpg

家族連れの人たちが、お弁当を食べながら楽しそう。
東京には、自然の多く残った公園がたくさんあっていいなぁ〜。
b0211924_12281046.jpg

b0211924_12281105.jpg

私は、缶コーヒー1本飲んで帰りました。
穏やかな桜見物でした。

が、この夜中から胃の辺りが痛いような変な感じがあり、未明には吐き戻し、下痢になりました。
感染性胃腸炎に罹ってしまったみたいです。

先週は孫、火曜日からパパさん、そして私と順番に感染したようです。
なので、金曜日は絶食。
孫のお迎えには行けましたが、大したお手伝いも出来なくて残念でした。

そして、翌日の午後に自宅に帰りました。
娘も、結局美味しい物をご馳走出来なくて残念だったね〜と慰めてくれました。



[PR]
by harutin52 | 2017-04-17 11:53 | お出かけ | Comments(0)
<< 地元の桜が一番 孫との一週間 >>