モコの皮膚炎と尿の異常
あれあれ、もう11月になってしまいました。
1ヶ月以上記事をアップしてなかったのは初めて。
仕事もしていないに、色々ありました。
川崎の孫の運動会へ行ったり、友人とウォーキングしたり、長男の愛娘の初宮詣りとお食い初めも滞りなく出来ました。

ただ、モコの皮膚炎が酷くなってきてたのと、尿に血が混じったり異臭があったので、動物病院へ行きました。
動物病院も今まで行っていたところではなく、去年開院したYクリニック。
家からもこっちのクリニックのほうが近いので、行ってみました。

初診の日は、尿を持っていき検査してもらいました。
検査の結果、潜血、細菌、比重が低いことが分かりました。
抗生剤を処方され1週間後に再診です。

こちらの先生は、皮膚科に強いようなので、6年間の皮膚炎との闘いを説明しました。
再診の際に、今食べてるフード、シャンプー類を持っていき見てもらいました。

1週間後の再診。
尿検査では、潜血はなし。
pHが8、少し高い。
比重が1.019、少し低い。

皮膚片や抜毛検査。
マラセチアがたくさんありました。
肛門も膨らんでいたので、絞ってもらいました。
初めて肛門絞りを生でみました。ウン〇が出たのかと思いました。ビックリでした。
モコの分泌液は硬いみたいです。

そして、結果。
皮膚炎はアトピー。
新薬のアポキルを飲むことになりました。
他にもマラセチアをやっつける薬とマラセブシャンプー、ヒュミラック(リンスみたいなもの?)。
週2回のシャンプーが必要です。
2週間後に再診です。
b0211924_21371294.jpg

クリニックの待合室で不安であくびしたりするモコ。
b0211924_21381774.jpg

モコに処方されたお薬。
ピルポケットに包まないと飲ませられない。
b0211924_21395429.jpg

足の先は、毛がなく赤くなり血がでることも。
b0211924_21405791.jpg

ナメナメ、ガシガシが気になって見ている人間が落ち込んでしまう。
by harutin52 | 2018-11-08 20:56 | わんこ | Comments(0)
<< アポキルの効果はすごい 苦悩と闘い >>