2016年 11月 24日 ( 1 )
頭の体操
この前の日曜日は、茶道文化検定の3級を受検してきました。
茶道を始めて5年にもなりますが、中身はまだまだ初心者レベル。
お稽古仲間の一人が去年3級合格されて、今年は他の3人も受けてみることになりました。
去年3級合格した方は、今年は2級に挑戦しました。

15年程前、暇つぶしに英検3級を受けて以来の試験。
勉強は、家にある茶道初心者のための本と平成21年度版の公式テキスト。
ケチな私はヤフオクで古本のテキストで勝負しようとした訳です。
b0211924_17191067.jpg

いよいよテストが始まり、第一問目から「何これ?」見たことのない問題。
次々と進めていきますが、次から次と見たことも聞いたことも無い問題が沢山出てきました。
直前にお稽古仲間から今年度版のテキストを見せてもらった時に、ビックリはしていたのですが、現実を見ました。
今更、ジタバタしても仕方ないですね。
想像力でマークしていきましたが、結果はどうなっているか。。。

しかし、間違って知る事の出来た事も多く、勉強になりました。

そして、検定と名のつくものは最新のテキストから問題が出る事を知りました。
営業的要素も多々ありますね。

これに受かったからどうだという事では無いけど、久しぶりに龍谷大学のキャンパスの中庭でサンドイッチを頬張りながらテキストを眺めて大学生気分にも。
b0211924_17133452.jpg

試験が終わって、同行していたのですがお茶友と三条まで行き、スマート珈琲でホットケーキとコーヒーを飲んで帰りました。
b0211924_17133592.jpg

答え合わせをすればするほど、ボーダーラインをウロチョロしています。



[PR]
by harutin52 | 2016-11-24 16:55 | お茶の事 | Comments(0)